俳優の宝田明さん「平和憲法は風前のともし火」
 (NHKニュース 8月6日 15時14分)

 俳優の宝田明さんが終戦70年の節目に合わせて6日、東京都内で会見し、みずからの戦時中の体験などを踏まえ、安全保障関連法案について、平和憲法が風前のともし火の運命にあると感じているなどと語りました。
 俳優の宝田明さん(81)は戦時中、家族とともに中国東北部のハルビン市で生活し、11歳の時に終戦を迎えました。

 宝田さんは終戦70年の節目に合わせて6日、東京の日本記者クラブで会見し、戦時中、旧ソビエト軍の兵士に銃で撃たれたことなど当時のみずからの体験を話し、「戦闘員だけが戦うのではない。むこの民がひどい目にあう。これがまさに戦争だと思う」と語りました。

 さらに国会で審議されている安全保障関連法案について、「平和憲法は日本人が作り上げてきた世界の宝だと思う。ウイスキーのように大事に寝かせて芳じゅんな香りを醸し出さなければならないのに、だんだんたがが外れて樽の上からにじみ出ている。国会が終わったら大地に埋もれてしまう、風前のともし火の運命にあるのではないか」と述べました。

 宝田さんはこれまで政治的な発言を控えてきたものの、最近は若い世代にバトンを渡していくべきだと考えるようになったということで、「過去の戦争の過ちをしっかりと伝えていくことが、日本が戦争をどう捉え、次の世代にバトンタッチしようとしているかを諸外国に示すことになり、信頼にもつながると思う」と話していました。
【出典】「NHKは本当に酷い。国会議事堂の外で万単位の抗議デモが行われていても完全に無視・黙殺
:山崎 雅弘氏」2015/7/15 憲法・軍備・安全保障
「安倍総理、従軍慰安婦問題を謝罪」していた
日米首脳共同会見 安倍謝罪発言
 慰安婦の方々にとって、非常に困難な状況の中で、凄惨を舐められた、苦しい思いをされたことに対して、人間として、総理大事として、心から同情をいたしております。そういう状況に置かれていたということに対して、申し訳ない思いでございます。

アメリカ合衆国下院121号決議
 アメリカ合衆国下院121号決議("United States House of Representatives proposed House Resolution 121")とは、慰安婦に対する日本政府の謝罪を求める2007年のアメリカ合衆国下院決議案である。「従軍慰安婦問題の対日謝罪要求決議」とも。2007年6月26日にアメリカ合衆国下院外交委員会において賛成39票対反対2票で可決された。本会議採決の段階で共同提案者は共和党、民主党から167人に上った。
 最終的に日本時間7月31日未明に下院本会議で議事進行簡潔化の為に議論が40分以下に制限されるサスペンション・オブ・ザ・ルール動議が適用された(通常、議論の必要のない議案をすばやく可決するのに用いられる手法である)。10人程の議員が出席して投票ではなく声による反対意見無しが確認された上で、満場一致で採択された。

安倍発言
 河野談話見直しを提言する民主党有志の「慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」が2007年3月に設立され、同会の要請に応じる形で安倍首相が3月に吉田証言などにも触れながら「(従軍慰安婦の)強制性を示す客観的な証拠はなかった」「広い意味での強制性はあったけれども、狭い意味での強制性はなかった」と国会答弁した。この答弁に対して韓国・中国・台湾・フィリピン、アメリカ合衆国のメディアが批判した。
 アメリカのワシントン・ポスト紙社説は、「北朝鮮による日本人拉致問題に熱心なのと対照的に日本自身の戦争犯罪には目をつぶっている」として、この態度を「二枚舌」として批判し、また、ノリミツ・オオニシニューヨーク・タイムズ東京支局長などが、日本政府の動きを批判するなど、アメリカの主要各紙が日本政府のこの問題に対する態度が不正実であるとして批判した。
 安倍首相訪米前の2007年4月18日、日本の戦争責任資料センターの吉見義明、林博史、女たちの戦争と平和資料館館長の西野瑠美子らは、日本外国特派員協会で従軍慰安婦問題に関する記者会見を開き、海外の記者に向けて、日本国の加害者責任を強く宣伝した。
 決議案可決を阻止するため、日米関係を重要視する安倍首相は4月末の訪米時に、ブッシュ大統領や議会関係者らに「おわび」を表明することで、5月に予定されていた採決は見送られていた。4月に安倍晋三首相の訪米に合わせて韓国系市民を中心とする団体が同紙に「従軍慰安婦の真実」と題した全面広告を出していた。
 安倍晋三首相は河野談話に否定的だったが2007年3月には国際世論の動向を見つつ、当初の強硬姿勢を修正し、国会答弁で慰安婦への「同情とおわび」に言及した。
 また4月には米誌ニューズウィーク紙の取材で、従軍慰安婦問題について「人間として心から同情する。首相として大変申し訳なく思っている」「彼女たちが慰安婦として存在しなければならなかった状況につき、我々は責任がある」と述べた。一方、日本では安倍政権の対応を『弱腰』として批判する意見も出た。

(出典)ウィキペディア:アメリカ合衆国下院121号決議

元職員1500人が辞任求める=籾井NHK会長「資格要件に違反」
時事通信 8月21日(木)18時36分配信

 NHKの退職者有志は21日、経営委員会(浜田健一郎委員長)に対し、籾井勝人会長に辞任を勧告し、応じない場合は罷免するよう求める申し入れ書を、賛同する元職員1500人超の名簿を添えて提出した。同会長の就任会見での発言などを理由に、経営委が定める会長の資格要件に違反していると指摘している。
 提出後に東京都内で記者会見した元ディレクターの作家、小中陽太郎さんは「われわれに共通しているのは『恥ずかしい』という思い」と述べた。元ディレクターの池田恵理子さんは「国際的に見たらとんでもない人が公共放送のトップにいる。NHKの価値や信用が薄れてしまう」と訴えた。 
職員の平均年収は1780万円! NHKの信じがたい金満ぶり
受信料値下げ困難 放送センター建て替えで 籾井NHK会長
 NHKの籾井勝人会長は22日、時事通信とのインタビューで、次期経営計画(2015~17年度)期間中の受信料値下げについて「財政的には重い3年間であり、とても受信料値下げまではいかない」との見解を示した。老朽化が進む放送センター(東京都渋谷区)建て替えのための費用がかさむと見込んでいることを理由に挙げた。
 籾井会長は「剰余金が出れば(受信料値下げ原資に)回していくが、私の時代には(値下げは)ないだろう」と述べた。
 NHKは25年の完成を目指し、放送センターの建て替えを計画している。建設費用は3400億円程度が見込まれている中、積立金は約1000億円にとどまっている。
 籾井会長は、受信料値下げが困難な理由として、20年の本放送開始に向けた高精細の「8K」の研究開発や、放送と通信を融合させた新サービスへの投資が必要になっている点も指摘した。

 「時事通信 7月22日(火)19時27分配信」
 
 NHKの現状 (拡大)
NHK職員“裏給料”を合わせた ホントの年収

『1割カットに騙されるな』
 NHK職員のベラボーな給料にはあらためて驚かされた。昨年度の決算ベースで平均給与が1185万円もある。
 軽くサラリーマンの平均給与(409万円)の2倍以上だ。昨年3月の国会審議で「公務員や民間企業と比べて高すぎる」と批判されたため、今後5年間で約10%下げるという。国家公務員に続き、これから地方公務員も給与が削られる。
 “みなさまの受信料”で運営されるNHKだって国民の税金で生活する公務員と似たような立場だ。NHKは「自分たちも身を削る」と言うつもりだろう。だが、騙(だま)されちゃいけない。彼らの年収ベースは本当はもっともっと高いのだ。

 「昨年度のNHKの収支予算を見ると、『給与』として約1255億円が計上されています。この数字を全職員1万人強で割ると、平均給与が1185万円になります。
ところが『給与』とは別に、『退職手当・厚生費』という支出があり、約615億円が計上されている。ここから退職金のほかに諸手当、残業代、福利厚生費などが支払われます。

 つまり、NHKには『本給』のほかに、もうひとつ財布があるようなもの。2つを合算した金額がNHK職員の本当の年収といえます」(元NHK職員でジャーナリストの立花孝志氏)

『豪華社宅に保養所、諸手当…』
 そもそも、退職手当と福利厚生費をゴッチャにしていることが不可解なのだが、615億円の半分を厚生費として、全職員1万人で割ると308万円は裏給料。本給に合算すると年収1500万円になる計算だ。
 この“裏給料”で手当てされる福利厚生の代表格が豪華社宅だ。例えば、地下鉄広尾駅から徒歩10分の社宅「羽沢寮」は広さが約60~70平方メートル。条件によっては、月額3万円程度の家賃で住めるという。

 周辺の相場は、同じ条件で30万円というから、超破格だ。同じような社宅が渋谷、明治公園、目白など一等地の住宅街に点在している。立派な保養所も多い。JR京都駅からタクシーで15分の「洛風荘」は素泊まりで約3000円。
 近隣のホテルは1泊1万円以上というから、やはり格安だ。こんな保養所が日光、箱根、熱海などにワンサカあるという。NHKは人件費削減と並行して、福利厚生を減らして受信料を下げる努力をすべきじゃないか。

 日刊ゲンダイ本紙が「保養所と社宅を廃止する予定はないか?」とただしたところ、「労使交渉に関わることで、お答えできません」(広報局)と木で鼻をくくった回答が返ってきた。
受信料を払うのがアホらしくなってくる。

(出典)ゲンダイネット
 偏向発言への批判もどこ吹く風、籾井勝人会長の独裁支配が進み、いまや安倍政権の宣伝機関と化しつつあるNHK。
  今度は国民から金を搾り取る計画を着々と進めているらしい。先日、籾井会長がネット視聴での受信料徴収を3年以内に実現するとぶち上げたうえ、財政難を理由に「私の時代には受信料の値下げはないだろう」と明言したのだ。
 だが、NHKが財政難なんていうのは真っ赤な嘘だ。NHKという放送局は、実はとんでもないお金持ちなのである。BPO(放送倫理・番組向上機構)委員でジャーナリストの小田桐誠氏が今年の春に出版した『NHKはなぜ金持ちなのか?』(双葉社)には、公共放送の信じがたい金満ぶりが記されている。
その象徴的な数字が、2012年の受信料収入。収入減少といいながら、その金額は6387億円。そして事業支出は6408億円。
 民放に比べて桁違いの金が動いていることが分かる。当然、制作費も高額で大河ドラマ1本(44分)で6000万円! さらに4000億円以上の金融資産まで保有しているという。
 またNHKでは渋谷にある放送センターの立て替えを予定しているが、それにつぎ込まれる予算は3400億円というから驚きだ。もちろんこれら予算の多くは国民から徴収した受信料が原資である。
 組織としてのお金だけではない。NHKで働く職員たちは世間が思っている以上に高給取りだ。「平均給与1185万円(12年度)」とこれだけでもびっくりだが、さらに住宅や転勤、保険など民間では考えられないほどの手厚い手当が付き、それらを含めると平均年収は1780万円まで跳ね上がるという。
 なんとも羨ましい限りだが、羨ましがってばかりはいられない。繰り返すが、こうした金は国民からの受信料である。しかも受信料にはこんなからくりもある。
NHKの事業運営は、電力会社と同じ『総括原価方式』を基本にしている。これは事業運営に必要な総経費(設備投資等による資本の充実経費を含む)に対して、受信料を中心とした総収入が見合うように算定するものだ」(同書より)
 原発事故をきっかけに電力会社が「経費をたくさん使ったら、そのぶんだけ電気料金を値上げできる」というカラクリをもっていることが広く知られるようになったが、実はNHKもそれは同じ。
 「お金が足らなかったら受信料を値上げればいい」ということだ。
 しかも受信料の徴収方法にも問題はある。NHKは転居して不明となった契約者に対し、“住民票”除票を申請して新住所を確認しているというのだ。

一定の条件の基に住民票の移動を確認することは法律で認められており、一般的に行われています
 NHKの担当者はこう答えたというが、自治体で個人情報を入手し不明者を追跡するなど、多くの国民は知ることはない。
 それだけではない。この担当者は「住基ネットも視聴者・国民のコンセンサスが得られれば、NHKの受信料制度をより効率的に維持することにつながります。活用したいのは確かです」と言い、住民基本台帳の閲覧について関係省庁や地方公共団体に働きかける動きさえあるという。

 公共放送局が国民の個人情報を自らの利益のために利用するという恐るべき発想だが、これは人権感覚の欠如以上に、権力の乱用ではないのか。実際、NHKは全国の自治体を通じて受信料の免除者情報を30年間にわたり入手し、問題になった過去さえある。
 NHKでは受信料未払い者に対して強制執行を申し立てたり、契約に応じない者に民事訴訟まで起こしているが、その執念は恐るべきものだ。
 また、お年寄りや一人暮らしの女性世帯を訪問し「契約するまで帰らない」「契約しないと(放送法という)法律に違反することになる」と“恫喝”徴収したという報告もある。まるで悪質な訪問販売のような人権感覚と受信料徴収の実態──。
 NHKがお金持ちなのは高額の受信料をわれわれ国民が支払っているからだ。税金と同様、その使い道や経営方針、そして政権との癒着を厳しくチェックする必要がある。
(伊勢崎馨)2014.07.29

出典 LITERA(リテラ)
NHK受信料収入減少=13年度
 NHKが24日発表した2013年度連結決算によると、受信料収入は12年10月からの値下げの影響で前年度比39億円減の6438億円となった。
 他の事業収入も含めた、売上高に相当する経常事業収入は7362億円で5億円と微増だった。ただ、経常事業支出も52億円増の7206億円。
 差し引きした本業の利益(経常事業収支差金)は46億円減の155億円にとどまった。純利益に当たる事業収支差金は、不動産売却益があったため2億円増の227億円だった。「時事ドットコム(2014/06/24-21:29配信)」
他国を「くそ貧乏」…百田尚樹氏、懲りずに自己弁護ツイート
 



盗も五女の門をよぎらず」という中国の故事もあり、五人も娘のいる家は嫁にやるまでに費用もかかって家も貧しいから盗人もそんな家には立ち寄りもしないというわけです。
おそらく、この人はビョーキなのだろう。
 NHK経営委員で作家の百田尚樹氏(58)が24日、岐阜市で開かれた自民党岐阜県連の定期大会で、またまた舌禍騒動を起こした。軍隊を持たない南太平洋のバヌアツとナウルを挙げ、「家に例えると、くそ貧乏長屋で、泥棒も入らない」と揶揄(やゆ)する発言をしたのだ。百田氏は、持論が軍隊保持で、「軍隊は家に例えると、防犯用の鍵」などと語っていた。

 主義主張は誰にでもある。ただし、冷静な言論人であれば、他国を「貧乏呼ばわり」するのは失礼にあたることがわかるはず。同氏は2月の都知事選の選挙応援でも、対立候補を「人間のくず」と発言して物議をかもしたばかりだ。
 さすがにセンセイの大好きな読売新聞も、今回は電子版で「外国をさげすむような発言」と非難している。
 だからシュンとしているのかと思ったら、百田氏のメートルは上がりっぱなし。25日は、自身のツイッターで自己弁護を繰り返していた。

 例えば、「言いたいことを我慢したら100年も生きられるというなら我慢するけどね。それに失うものは何もない。地位も名誉もいらん」と反省のカケラもなし。一方で、「(NHK経営委員は)私を引き摺り下ろしたい人たちがあまりにも多いのを知って、こうなったら死ぬまでやってやろうかなと思い始めた」と、矛盾した発言もあった。

 また、「サヨク・ジャーナリストたちは、私が何か発言すると、〈NHK経営委員が〉とわめきたてる」と被害妄想にも似た状態のようだ。
 百田氏は、「貧乏はギャグ」とごまかそうとしているが、他国を貧乏呼ばわりするのは、ハナからバカにしている証拠。ここは素直に「ごめんなさい」と言う勇気も必要だろう。


日刊ゲンダイ(2014年5月27日)
 
【不正経理】NHKの自浄能力に期待するなかれ、 戦いは圧力あるのみ[桜H26/3/5]
<2014/03/05 に公開> 2ヶ月に1度は不祥事を起こすNHKであるが、今度は子会社での巨額不正経理が明るみ­に出た。そもそも多数の子会社設立自体が、受信料ロンダリングのツールであると批判さ­れてきたわけだが、子会社に輪をかけて存在意義のない「天下り幹部」の飯のタネとその­尻拭いに受信料が使われているのはとうてい許容できないのである。改めてNHK解体の­必要性を訴えさせて頂くと共に、籾井会長や長谷川・百田両委員に期待する意味でもNH­Kへの批判を手控え、彼らの改革を応援しようと言う意見に対しては、むしろ厳しい批判­を続けることこそが、改革の後押しになる事を御説明させて頂きます。なおこれに関連し­、小山和伸の新著が近日発売されることと、その出版記念祝賀会が行われることについて­ご案内させて頂きます。
大型電器店はNHK受信料をいくら支払っている?
  ◆ご家庭で払っているNHK受信料。
 テレビをたくさん置いている大型家電店では、NHKの受信料を、いくら支払っているのか。もしや、とんでもない金額になっているのでは?

さっそく、オノデンの店員に聞いてみた。
オノデン https://www.onoden.co.jp/akb/ 
店員特に払ってないんです。
「オノデンが支払っているNHK受信料=0円」

なんと、オノデンはNHKの受信料を一切払っていない。
レポーター:それは(払っていないのは)なぜですか
店員:特にNHKのほうから支払いの請求が来ていないので。
請求が来ていないからといって払わなくても良いものだろうか」。さっそくNHKに問い合わせた。
 もしかしたら、請求書を送り忘れているのではないか。
NHKから回答文が送られてきた。
NHKの回答によると、「放送の受信を目的としていない受信設備として取り扱い、放送受信契約の対象外としています。
つまり、NHKの答えは「大型家電店のテレビは、放送を受信する目的ではなく、画像の高批を伝えることなので、受信料を徴収しないとのこと


もう一つの疑問
 それなら、ホテルや病院は、NHK受信料を、いくら支払っているのか? 放送の受信を目的とするテレビが山ほどある。再び、NHKに問い合わせた。すると翌日、しっかり回答が。
NHKの回答によると「ホテルであれば部屋ごと、病院であれば病室ごとに契約が必要です」とのこと。

 一般家庭と同じ1部屋1395円(1ヶ月、消費税増税前)ということは、部屋数が1000室の大型ホテルの場合、月に139万5000円、年間にして1674万円支払っていることになる。


◆再び疑問
 NHKを受信するテレビがあるNHK自身は、NHKの受信料をいくら払っているのだろうか。NHKに問い合わせ。
 すると、NHKの回答は、「自らが自らに対して受信料を支払うことは、企業会計上取り得ないので、契約の対象外です」とのこと。自分にお金を支払っても無意味と言うことらしい。

by ropandropand [YouTube]
 セリフ棒読みで反省…NHK籾井会長の軽すぎる“みそぎ”
日刊ゲンダイ 2014年4月14日 掲載
NHK受信料
都道府県別「支払率」
トップ秋田…
低い沖縄、大阪、東京

  NHK受信料ってどのくらいの世帯が払っているものなのか。
地域によってかなり差がありそうだが、先月末(2013年5月)、NHKは2012年度の都道府県別支払率を発表した。
生活保護世帯や低所得の障害者世帯、災害の被災世帯など支払いの免除を受けている世帯を除いた「受信契約対象世帯」のうち、実際に支払っている世帯の割合を示したもので、全国平均は73・4%(前年度比0・9%アップ)だった。

   全体の傾向としては、地方ほど支払率は高く、都市部は低い。
これについてNHKは「単身世帯や共同住宅の割合が大きく、面接が困難な地域は低い」としている。
トップは秋田県の95・7%、5県が90%以上だった。
北海道が低いのはエリアが広く受信料徴収員が回りきれないことが影響しているのだろう。
最も低い沖縄は返還前に先に開局したのは民放で、NHKは後発だったため「何でおカネ払わなければならないのか」という声が強く、いまだにその影響が残っているからだろう。

Jcastテレビウォッチ
2013/6/14 11:30掲載

 休日の真っ昼間から、ドヤ顔オヤジの“三文芝居”を公共放送で見せられるとは思わなかった。
 NHKの籾井勝人会長(71)が13日、午前11時からのNHKの情報番組「とっておきサンデー」に登場。就任会見で「(従軍慰安婦問題は)どこの国にもあった」などと仰天発言し、視聴者から会長辞任を求める声が続出した一連の騒動に触れて、「視聴者の皆さまに大変なご心配をかけた。こうした事態を招いたことを反省し、深くおわび申し上げる」と謝罪した。
 喪服のような黒いスーツ姿で収録出演した籾井会長。女性アナウンサーの質問に答える形で「会見は不慣れだったため、会長の立場と個人の立場を整理しきれないまま発言した部分があった」と釈明した。

 そして、「何びとからの圧力や働きかけにも左右されることなく放送の自主自律を貫く」「公共放送の原点を確認し、徹底していく」――と当然のことを改めて強調した上で、「私に向けられている厳しい意見とともに、公共放送への期待の大きさを実感した。全身全霊で職責を果たす」と辞任を否定した。
 腰を90度に曲げ、頭を3回も深々と下げたものの、表情はなく、セリフは棒読み。反省というより紙芝居をやっているみたいだった。出演時間は冒頭の12分間。14年度予算が国会で承認され、本人は「みそぎが済んだ」と思っているのだろうが、冗談じゃない。

■都合よく編集

 元NHK記者で評論家の川崎泰資氏もこう呆れる。
「『生放送』でないということは編集したということ。つまり、自分勝手な言い分を都合よく編集して放送しただけ。本当に視聴者に申し訳ないと思っているなら会見を生中継し、ニュースで報じるべき。(STAP細胞論文会見の)小保方さん以下ですよ」

 みんなの党の渡辺喜美前代表の8億円問題や小保方問題に国民の関心が集中し、自分に対する追及が緩くなったと安心しているのだろう。このスキに乗じて籾井会長は今、着々と自分に近い人物を周囲に据える人事案を進めているという。

「すでに経営企画局副部長から局長級の秘書室長となった湧川高史氏の“大抜擢”だけでなく、松本正之前会長と近かった理事を交代させる気です。来週24日に4人の理事が改選期を迎えるのですが、このうち2人を“親籾井派”の人物に代えるとささやかれています」(NHK事情通)

 まさに「右向け右」が体に染み付いている男。「モミジョンウン」のアダ名がピッタリだ。こんな状況で「私の見解は放送に反映させない」なんて誰が信じるのか。NHKの現場記者は本当にこれでいいのか。
NHK 籾井会長と安倍政権慮り森元首相「転ぶ」発言を報じず
「NHK受信料」
都道府県別支払率
( 1)秋田………95・7%
( 2)島根………91・8%
( 3)新潟………91・0%
( 4)山形………90・0%
( 4)鳥取………90・0%
( 6)青森………88・8%
( 7)富山………88・0%
( 8)山口………87・8%
( 9)岩手………87・7%
(10)福井………86・0%
(11)岐阜………85・0%
(12)長野………84・8%
(13)広島………83・7%
(14)鹿児島……83・4%
(15)静岡………82・7%
(16)福島………82・3%
(17)栃木………82・1%
(18)石川………82・0%
(19)長崎………81・7%
(20)群馬………80・0%
(20)佐賀………80・0%
(22)和歌山……79・9%
(23)愛媛………79・8%
(24)香川………79・6%
(25)山梨………79・5%
(26)岡山………79・4%
(27)茨城………79・2%
(28)宮崎………79・1%
(29)三重………78・9%
(30)宮城………78・4%
(31)熊本………77・2%
(32)徳島………76・6%
(33)愛知………75・6%
(34)高知………75・1%
(35)滋賀………74・4%
(36)埼玉………74・3%
(37)奈良………73・8%
(38)大分………72・8%
(39)千葉………72・1%
(40)神奈川……71・8%
(41)福岡………70・7%
(42)兵庫………68・5%
(43)京都………68・2%
(44)北海道……64・5%
(45)東京………61・1%
(46)大阪………58・0%
(47)沖縄………44・3%

2012年度都道府県別支払率(NHK発表)

 慰安婦発言などで物議を醸したNHKの籾井勝人会長が、NHKの理事10人に日付を空白にした辞表を提出させたことが国会で明らかになった。その独裁ぶりに局内では、籾井氏を「モミジョンイル」、あるいは「モミジョンウン」などと揶揄する声が上がっているという。

 だが、そういったあだ名が冗談で済まされないほどに、NHKでは内部の締め付けがきつくなっている。問題は、それが報道機関の根幹というべき、番組内容にまで及んでいることだ。

「あの娘、大事なときには必ず転ぶんですよね」

 ソチ五輪フィギュアスケートに出場した浅田真央選手の演技について、東京五輪組織委員会会長の森喜朗・元総理がこう発言すると、一挙に批判を浴び、テレビ各局は報道番組やワイドショーで大きくこの話題を取り上げた。ところが、NHKだけは沈黙していた。

「報道局の上層部が、森氏の発言を扱うのは『やめるべきだ』と判断したためです。安倍政権と籾井会長を慮ってのことですが、スポーツ局の人間は『もううちは終わったな』と話しています。社会部も都知事選の際に政権批判の報道を規制されて以来、鬱憤が溜まっており、ともに反旗を翻す一歩手前まで来ている。

 結局、真央ちゃんが帰国後の記者会見で『森さんが後悔しているのでは』といったことだけは、さすがに報道しないわけにはいかないと現場が掛け合った結果、報じられることになった。ただし、それも森氏に関する部分が強調されないように、会見の最後に少し触れるぐらいでやるように、ということになった」(スポーツ局職員)

 政権批判につながる報道が手控えられている例はそれだけではない。安倍晋三首相が解釈改憲について「最高責任者は私だ」と発言したことについて、2月13日の自民党総務会で、村上誠一郎・元行革担当相が「選挙に勝てば憲法解釈を自由に変えられるのか。危うい発言だ」と述べるなど、批判が相次いだ。

 安倍政権に対して党内から公然と批判の声が上がったことに、テレビ各局や新聞各紙も飛びついて大きく報じたが、これもNHKは報じなかった。

「政権批判につながるような内容は、会長よりも下のレベルで弾かれるようになっている。こんなことは過去、あり得なかった」(NHK職員)


※週刊ポスト2014年3月14日号


 
NHK籾井会長に「NO!」 受信料支払い拒否100万件へ
NHK籾井会長
おもな発言内容
 8年ぶりの野党の反対を自公与党が数の力で押し切ったNHKの2014年度予算案。籾井会長は胸をなで下ろしたに違いないが、水面下で、悪夢のような事態が進んでいる。昨年度上半期の契約総数は過去最高の3848万件に達したが、今年1月の籾井会長就任以来、ものすごい勢いで不払いが増えているというのだ。NHKに詳しいジャーナリストの小田桐誠氏がこう言う。

「10年前の番組制作費着服事件は、最終的に140万件の不払い騒動に発展しました。今回は同等か、それ以上になりそうです。NHKには当時の6倍に達する3万4000件の苦情が寄せられているうえ、契約の取り次ぎや未収回収を担当する営業局の幹部たちからも悲鳴に近い声が聞こえてくる。<籾井会長の発言はあの椿発言よりもひどい>と肩を落とす職員もいます」

■100万件突破は確実

 椿発言とは、当時テレビ朝日取締役報道局長だった椿貞良氏が、1993年9月の民放連の放送番組調査会で「非自民政権が生まれるよう指示した」などと語った問題。自民党が「偏向報道だ」と騒ぎ立て、テレ朝は椿氏を解任(その後辞職)することになるが、「確かに籾井発言はより悪質」と、前出の小田桐誠氏が言うのだ。
「椿氏は民放連という業界の組織で自由闊達な議論を行うための問題提起をしたにすぎません。一方、籾井会長の従軍慰安婦や特定秘密保護法に関する発言は、公式の記者会見でなされたもの。『個人的見解』なんて言い訳はまかり通りません」

 NHKは受信契約者が2回続けて支払い拒否すると、「不払い」にカウントする。今は2カ月ごとの口座振替が一般的なため、はっきりした数字が集計されるのは4カ月ごとになる。籾井会長の就任会見は1月25日だから、5月下旬には「不払い100万件」が明らかになりそうだ。
「NHKに受信料の支払い拒否を伝えたOB職員もいると聞きます。10年前の騒動では訪問集金のスタッフが粘り強く説得して回り、最終的に100万人以上が支払いを再開しました。その訪問集金は6年前になくなり、今回は回復に向けた手だてがない。10年前以上に深刻だと思います」(小田桐誠氏)
 百田尚樹氏、長谷川三千子氏ら経営委員の問題もある。このまま籾井会長が居座れば、取り返しがつかないことになるのではないか。
日刊ゲンダイ(2014年4月3日 掲載)
 
年次 内容 補足
1976.08 NHK会長・小野吉郎がロッキード事件で逮捕され保釈中だった田中角栄を見舞う
1991.04 NHKアナウンサー松平定知が泥酔状態でタクシー運転手を暴行。ニュース降板、降格処分。
1993.02 『禁断の王国・ムスタン』でやらせ
1993.06 「クローズアップ現代」中国天安門事件大虐殺はなかったと報道(5:40~)
2002.04 奇跡の詩人放送、重度身体障害者の少年が母親の手を借りて文字盤を指差し、哲学などを語る
2006.10 (株)NHKエデュケーショナル社員、朴元瑛源(34)児童買春禁止法違反の容疑で逮捕
2006.12 NHK男性職員、芳之内祥智(30)=東京都小平市花小金井南町1、JR総武線車内で男子大学生の下半身に触れ現行犯逮捕
NHK制作局ディレクター猪瀬公昭(46)を大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕
2007.02 NHK情報ネットワークの社員がWinnyで個人情報と取材情報を流出
2007.03.03 札幌放送局の番組制作会社の男性社員(47)が「NHKのど自慢」の出場者1269人分の個人情報(ノートPC)を紛失
2007.03.20 男性職員(31)が、神奈川県川崎市の市道で男性をはね死亡させる。業務上過失致傷容疑で逮捕。
2007.03.22 NHK報道局経済部の男性記者(32)住居侵入容疑で現行犯逮捕。不起訴で本人はけん責の処分
2007.04.13 島根県松江放送局の男性記者(49)スーパーでおにぎりを万引したとして書類送検
2007.05 放送総局所属のアナウンサー高橋徹容疑者(41)=東京都世田谷区若林5丁目、渋谷区内の路上でわいせつ行為、現行犯逮捕
2007.06 山口智也制作局ディレクター(42)=東京都調布市、都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕
NHK制作局青少年・こども番組部ディレクター今井洋介容疑者(30)を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕(*1)
NHK集金スタッフ志賀耕二(47)元妻の遺体を損壊したとして共犯女性(34)と警視庁竹の塚署に自首
2007.09 NHK関連団体の剰余金886億円、検査院が改善求める
大津市などで2005年に起きた連続放火事件、現住建造物等放火などの罪で元NHK大津放送局記者・笠松裕史(26)に懲役7年の判決
2008.01 撮影キリン親子死でNHKドラマ放送中止
NHK記者ら3人が株インサイダー取引(*1)
ドラマ撮影スタッフが撮影現場で他人たの車に勝手に偽ナンバープレートを貼り付け(*1)
NHK経営委員会の委員が経営する企業が7年間で1億5千万円の所得隠し
NHK水戸放送局の記者無免許運転
2008.02 橋下大阪府知事NHKから無理なTV出演を要求され尚且つ遅刻よばわりされ激怒「今後はNHKのスタジオ収録には出ない」(*1)(*2)(*3)
NHK職員、イベント会場で私物ノートPCを使ってわいせつ映像を流す
2008.03 落語番組パーソナリティ、音源を盗用
2008.05 10人以上の職員が、新たに職場で株取引していたことが明らかになる
2008.05.27 NHKが消費税13億円申告漏れ
2008.07.28 NHKさいたま放送局地域スタッフ鈴木肇(51)道交法違反及び覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕
2008.09.25 元NHK千葉放送局船橋営業センターの委託契約社員、坪川直幸容疑者(52)=東京都江東区大島8、コンビニで窃盗逮捕
2009.04.05 NHKスペシャル「日本デビュー」第一回「アジアの“一等国”」でサブリミナル映像&歴史捏造・偏向歪曲内容★国民激怒・国内民事裁判史上最多の訴訟人数★
2009.05.03 NHKスペシャル「日本デビュー」第二回「天皇と憲法」で皇室制度廃止をほのめかすプロパガンダ放送 詳しくはNHKの正体・上級編
2009.07.12 NHKの「ヤラセ」に激怒 漫画家唐沢なをき
2009.07.17 高知放送局局技術部、山本ゆうき(25) 女性のスカート内を盗撮し書類送検。本人は諭旨免職処分
2009.07.21 退職者の企業年金の一部を受信料収入から補填して給付していた。2007年度は約100億円、2008年度は約120億円
2009.09.09 秋田放送局、放送部の女性制作補助スタッフ(23) 道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発
2009.10.02 NHK旭川放送局の男性ディレクターが9月、取材先のから不発弾4発を同局に持ち帰り、約2週間保管
2009.11.17 NHK放送技術局制作技術センタースタジオカメラマン、永野勇容(57) 電車内で女性の下半身に触れ現行犯逮捕
2009.12.06 「核実験場シルクロード」の死の灰に汚染された場所を隠ぺい。約29万人の日本人を長年に渡り誘致(12345)
2009.12.17 元NHK制作局エグゼクティブプロデューサー、今井彰(53) 窃盗容疑で書類送検され不起訴(事件は2008年11月)
2009.12.30 NHKの関連会社「NHKエデュケーショナル」(東京都渋谷区)が補助金を不正受給
2010.04.21 57歳のNHK福岡支局職員、朝の電車内でOLに痴漢、現行犯逮捕
2010.05.29 平成19年9月16日に放送した「海外ネットワーク」でインド経済の発展を特集した際、捏造放送を行い謝罪
2010.07.12 NHKが作成した『菅内閣支持率のグラフ』で、超急降下のはずが揺やかになるよう細工
2010.07.16 公平負担を徹底するはずが、なぜか沖縄だけ受信料が安い
2010.10.08 報道局スポーツ部の30代記者が取材先の日本相撲協会の関係者に対し、警察による家宅捜索の情報を漏えい
2010.10.16 尖閣諸島漁船衝突事故・中国大使館包囲デモで参加人数を2800人と捏造(警察発表5800人・主催者発表途中で3200人)
2010.11.02 男性記者を3カ月の停職と処分するも、なぜか懲戒免職にはせず
2011.01.01 NHK首都圏放送センター職員西山泰史容疑者(27)を駐車中の乗用車内を物色したとして逮捕
2011.01.03 NHK松江放送局のディレクター、大久保泉容疑者(29)=松江市北田町=を男性裸体撮影で侵入、容疑で現行犯逮捕
2011.01.04 受信料契約担当の委託スタッフ、飲酒運転で玉突き事故、本人を含む3人けが-宇都宮/栃木
2011.02.11 「ニュース7」でロシア国旗が逆さまの映像を流す NHKがおわび
2011.02.17 NHK名古屋放送局技術部職員、塚原忠容疑者(44) 静岡局でオシロスコープ盗む
2011.02.21 ビデオリサーチ発表の視聴率データをネット掲示板に不正投稿、無免許運転1年5カ月…NHK、2人処分
2011.02.28 自殺未遂のNHK金沢放送局の元委託カメラマン、若生康貴容疑者(35)=金沢市=、主婦の死体遺棄の疑いで逮捕
2011.03.03 NHKプラネット中部支社の契約スタッフ、尾上祐一容疑者(23)引っ越し荷物を置引、窃盗の疑いで逮捕
2011.03.28 NHKアート男性社員(43)酔って帰宅途中のタクシー車内で吐き口論になり運転手を殴ったとして暴行の疑いで逮捕
2011.08.08 NHK・教育番組プロデューサー逮捕、電車内で盗撮「ストレスたまって…」
2012.07.14 NHK職員2名が脱法ハーブ吸引で病院に救急搬送されていた NHK「法に触れる行為ではないので、公表しなかった」
2012.08.28 「NHKニュース7」でAKB48前田卒業公演を報道  批判殺到
2012.10.06 酔ってタクシー運転手に暴行、NHK国際放送局編成広報部専任ディレクター前野公彦容疑者(44)=川崎市=を現行犯逮捕
2012.10.06 NHKまた捏造か?「特攻隊員の遺書1000通、今回初めてわかった」 → 海上自衛隊 「以前から公開してるだろ」
2012.10.22 中華学校で日中友好コンサート【神奈川】 印象操作疑惑
2012.10.22 【NHK】 民主党「日韓関係に改善の兆しも見られる、竹島ICJ提訴に踏み切らなくても、その姿勢を示すだけで十分」 捏造疑惑
2012.10.26 元NHKディレクター、また逮捕 執行猶予中に覚せい剤
2012.11.16 NHK『おはよう日本』のニュースキャスター、森本健成​容疑者が痴漢で現行犯逮捕。容疑否認後、一転認める。
2013.02.01 【NHK記者、長坂優子容疑者を逮捕】酒気帯び運転し、赤信号で停車していたタクシーに追突!!
2013.02.19 NHK広報局ツイッターで「ヘイトスピーチまき散らすだけのネット弁慶は東北でボランティアでもしてこい」とツイート 続報⇒NHK中央番組審議会委員の駒崎弘樹のツイート
2013.05.16 NHK富山放送局とスタッフ契約をしている30代の女覚せい剤取締法違反(使用)などの疑いで逮捕
 NHKの犯罪【ドアを叩き・蹴飛ばし・大声で名前を叫ぶ】 国民必見 警察に被害報告済み
 
 2013年10月5日20時30分ころ、NHK委託業者の男が、会社上司と携帯で電話し­ながら、27歳独身男性の自宅チャイムを鳴らし、ドアを叩き、足で蹴飛ばし、【今晩は­眠れないね~】と脅迫して来ました。
 ドアは閉まらなくなり、男性の心は恐怖心でいっぱいになり、私立花孝志に相談の電話が­来ました。
この事件はまだまだ始まりに過ぎません。
 そして、この男性はスナガワさんではありません。
NHKは間違いなく、暴力団を雇い犯罪を犯して受信料の取立てをしています。
NHK委託業者の男は下記の犯罪を犯している可能性があります。
①埼玉県迷惑防止条例9条1項1号及び2号違反【50万円以下の罰金】
②刑法130条【不退去罪】
③放送法64条2項3項違反【放送法185条で役員に100万円以下の罰金】
④刑法222条【脅迫罪】
⑤刑法246・250条【詐欺未遂罪】
⑥刑法261条【器物損壊罪】
⑦刑法172条【虚偽告訴罪】
【NHKから国民を守る党】公式ホームページhttp://www.nhkto.jp/
NHKの「大本営発表」は 現在も、軍部の大本営発表を凌ぐ嘘、デタラメ
太平洋戦争開戦の日
1931年、昭和6年に満州事変が起き、それから1941年の大東亜戦争(太平洋戦争­)に向かっていきます。12月8日、朝起きたら、真空管ラジオから大本営発表の臨時ニ­ュースが流れていました。当時のニュース音声からも緊迫した様子が伝わります。
大本営放送 珊瑚海海戦

大本営発表
大本営発表(だいほんえいはっぴょう)とは、大東亜戦争(太平洋戦争)において、日本の大本営の陸軍部及び海軍部が行った、戦況などに関する公式発表のことである。
 当初はほぼ現実通りの発表を行っていたが、以下に記載する通りミッドウェー海戦の頃から損害矮小化発表が目立ちはじめ、不適切な言い換えが行われるようになり、敗戦直前には勝敗が正反対の発表すら恒常的に行ったことから、現在では「内容を全く信用できない虚飾的な公式発表」の代名詞になっている。
大本営発表
ウィキペディア
NHKは、「社団法人NHK時代に行った大本営発表の記録の開示の求め」に対し「対象外文書」として処理したが、その理由として次のように回答している。

(※資料「対象外文書のご連絡 No 000-0000738」参照)

「対象外の理由『日本放送協会会長』
「お求めの文書は、NHK情報公開規程第3条第1号の『放送番組および放送番組の編集に関する情報を記録したもの』に該当するため.開示の求めの対象外文書となっています。」

と回答している。
 そもそも、「大本営発表」は軍部による公的な報道であるにも関わらず、NHKが私物化して「放送番組および放送番組の編集に関する情報を記録したもの」としている自体がおかしいのではないか。しかも、つぎの回答で、「大本営発表」は公的(帝国陸海軍が統括)なものであることを、NHK自らが証明している。

「情報の提供『日本放送協会会長』

「『大本営発表に関しては、社団法人日本放送協会は送信設備を提供するだけで、発表そのものは帝国陸海軍が統括していました原稿作成、アナウンス、記録とも軍が行い、社団法人日本放送協会は、東京九段にあった軍人会館から有線を通して送られてくる音声をそのまま送出していただけであったとのことです。
 なお、戦後、NHKとしては、『放送50年史』.『20世紀放送史』(いずれも、日本放送出版協会発行)を編纂し、その中で、戦時中の「大本営発表」に関しても言及しています。


との事である。
 つまり、「大本営発表は、軍部が勝手にやったことで、”NHKは送信設備を提供しただけ」という趣旨であり、「戦争を煽った責任逃れ」をしているとしか言いようがない。仮にそうだ(NHKは送信設備を提供しただけ)としても、NHKは、軍部の共犯者であったことは免れない。
 また、NHKは「”原稿作成、アナウンス、記録とも軍が行い”、社団法人日本放送協会は、東京九段にあった軍人会館から有線を通して送られてくる音声をそのまま送出していただけ」とも述べている。
 はたしてそうだろうか。左欄に掲載した「太平洋戦争開戦の日 」と「大本営放送 珊瑚海海戦」 の音声を最後までよく聴いて頂きたい。
 NHKは、「原稿作成、アナウンス、記録とも『』が行い」としているが、どう聴き直しても、軍部とNHKが共同で原稿を作成して、(当時のラジオ放送はNHK一局)アナウンスしているとしか聴こえないのである。
 このように、NHKによる「大本営発表」は、戦後、一段と磨きがかかり、現在も、軍部の大本営発表を凌ぐ、嘘、デタラメを連日のように放送し、国民を愚民化していると言っても過言ではない。
2013/10/16 石川栄一

※資料「対象外文書のご連絡」
 

NHKの不祥事


 放送法
第一章 総則
第一条  この法律は、左に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
 放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
 放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。
 放送法違反のマスメディアを弾劾しよう。

 連日のように、BSを利用して反共・反社会主義プロパガンダを展開しているNHKですが、その目的は、「言論の自由を守る」という名目と耳障りの良さで「自分たちの既得権を守る」ためと言わざるをえません。
 彼らがよく使う「市民道民のため」とか「国民の立場に立って」の市民道民、国民とは、いったい誰を指すのでしょうか。 市民道民、国民には貧困層(道民の年収は300万円以下が多数)から富裕層(年収1000万円以上の資産家や上級公務員、報道関係者など)まで様々であります。
 更に「支配者と被支配者、使用者と被使用者の利害を一緒くた」にされたのでは、たまったものではありません。
 人類の歴史は階級闘争の歴史であり、有史以来、奴隷制度、封建制度、植民地制度(帝国主義)、全体主義、軍国主義、修正(社会共産)主義、資本主義、全て 被支配層が支配層に対して反抗」してきたという歴史であります。
 地球上に国家や軍隊が存在する限り、100年、1000年経っても、この戦いは永遠と続き、資本主義でも共産主義でもない全ての国家から国境と軍隊が消滅した地球連合体=地球連邦政府になって、初めて平和と自由が訪れるのです。
石川 栄一
■ 概説
[NHK民営化」も参照]  NHKはテレビを所持している国民から貰う受信料で運営されており、特定の団体や人物に偏 った報道は禁止されている上、営利活動は制限されているにも関わらず、民間企業から金品を受け取ったりするなどのケースが多々見られる。
NHKの不祥事
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
NHKの不祥事(エヌエイチケイのふしょうじ)では、日本放送協会(NHK)で起きた問題のある出来事を取り上げる。
一覧
■ 2000年以前
  • 1969年(昭和44年)、当時の前田義徳会長が「長い髪の毛のグループサウンズは出演させない」と発言し、国会で参考人招致される。
  • 1976年(昭和51年)8月24日、当時の小野吉郎会長がロッキード事件で逮捕された田中角栄元首相を見舞ったことが問題となる。小野は日本放送労働組合の運動などにより辞任に追い込まれた。
  • 1981年(昭和56年)2月4日、ニュースセンター9時で「ロッキード事件5年の真実」で三木武夫元首相の発言がカットされ、国民から批判される。
  • 1989年(平成元年)4月、当時の池田芳蔵会長がNHK幹部から言語不明瞭と批判されて辞任。
  • 1991年(平成3年)7月、当時の島桂次会長が野中広務から国会虚偽答弁の責任を追及され、引責辞任。同時に海老沢勝二専務理事も解任された(後に復帰し副会長に就任)。
  • 1992年(平成4年)に放送されたNHKスペシャル『禁断の王国・ムスタン』にやらせがあった。同番組の制作にあたって、日産自動車の協賛(自動車2台と1000万円以上と言われる資金)を受けていたことが発覚。

■ 2002年

  • 4月28日に放送されたNHKスペシャル『奇跡の詩人』の内容が国会等でも問題となる。放送で、取り上げられた治療法に科学的根拠がほとんど無いことがインターネットを中心に指摘[1]され、子供との文字盤での指さしの会話が文字盤がゆれ動き子供が寝ているときにも進行するなど、母親の自作自演と思われるにもかかわらず、NHK側は「我々が見たから正しい」とのスタンスであった。裏付けの欠如した釈明に終始し説明責任を放棄し大きな問題となる。放送終了直後関連書籍を発行した講談社とのタイアップ疑惑も指摘された。
■ 2004年
NHK紅白歌合戦の担当プロデューサーによる制作費の不正支出が発覚したことがきっかけとなり、さまざまな問題や不祥事が明るみに出た。NHKは激しい批判にさらされ、受信料の不払いが続発した。この時、職務が変わらないにもかかわらず、年功的に昇給する「わたり」や昇給短縮が給与慣行として行われてきた現状が指摘されている。[2]

不祥事を受けて、2004年9月9日に衆議院総務委員会では海老沢勝二会長の参考人招致を行ったが、普段は国会を中継するNHKがこの日だけは「編集権の問題」として中継せず、TOKYO MXとテレビ神奈川が京浜地区で生中継を行った。

2004年9月11日に総合テレビとラジオ第一放送で1時間の謝罪番組が放送され、総務委員会の様子の一部が放送された他、海老沢も出演し謝罪した。又、同年12月4日放送の『NHKニュース7』でも一連の制作費不正支出事件に関してのお詫び放送に出演した。

同年12月19日には『NHKに言いたい』というタイトルで視聴者からの声を海老沢と外部の有識者の出演で放送。海老沢は9月9日に国会の参考人招致を生中継しなかった事を判断ミスだったと陳謝し、NHK再建に向けて取り組んでいくと表明した。しかし、相次いだ不祥事で視聴者の信頼を回復できず、2005年1月25日に会長を辞任したが、顧問に就任。週刊紙等で多額の退職金及び顧問料が支払われると報じられ、批判を浴びた。

■ 2005年
  • 5月10日に放送された『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』において、放送内容に事実と異なる点が多数見受けられた。同回は書籍版への掲載が見送られ公式サイトからも削除された。また、以前からの視聴率低迷ややらせに加えてこの事件がきっかけとなり、視聴率がさらに低下したことなどから同年12月28日に同番組は終了した。
■ 2007年
  • 2月16日、NHK情報ネットワークの社員の私用パソコンがファイル共有ソフトWinnyを通じて暴露ウィルスに感染、「およそ130人分の外部の方の個人情報」(名前やメールアドレス、電話番号など)を含む取材情報が外部流出。[3]
  • 9月12日、NHK関連33団体の2005年度末の余剰金が計886億8800万円に上ることが会計検査院の調査で判明し、改善を求められた。[4]
  • 9月16日放送の『NHK海外ネットワーク』において、インドの経済発展について特集した際、番組中で自動車を購入したとして紹介された農家の男性が実際には購入していなかったことが発覚した。購入後に車で移動するシーンまで紹介されていたが、実際には販売店の指示で購入したように振舞っていただけだった。NHKは、2010年5月29日放送の同番組内で「確認が不十分だった」として、視聴者に謝罪した。[5]
■ 2008年 
  • 4月、NHKがニュース番組で、企業による風力発電のファンドが設立されたとの内容のニュースを放送するに当たり、札幌市在住の写真家が撮影した風車の写真を使用し放映したが、この写真使用に当たり、写真家が「写真を無断使用された」として、NHKや取材担当の記者を相手取り、札幌地方裁判所に訴訟を起こした。NHKは「事件報道では、出所表示の慣例や義務はない」と主張したが、2010年11月10日に同地裁は、「写真はファンド設立とは無関係」などとして著作権・著作者人格侵害を認定、NHKなどに対し約40万円の支払いを命じた[6]
  • 1月17日、複数の職員によるインサイダー取引が発覚[7][8]。関係した3名のスタッフは同年4月10日付で懲戒免職となった(詳細はNHK職員によるインサイダー取引事件を参照)。
  • 1月30日、NHK経営委員会の菅原明子委員が社長を務める会社が所得隠しを指摘され[9]、辞意を表明。
  • 3月28日、「ラジオ名人寄席」(NHKラジオ第1放送)で、音源の無断使用を指摘されたパーソナリティの玉置宏が降板し、番組が打ち切りとなった。[10]
■ 2009年 
  • 3月5日、『クローズアップ現代』取材中に外部プロダクションのカメラマンらが線路からほとんど離れていない場所に三脚を立て、列車の運行を妨害。[11]
■ 2010年
  • 7月2日、NHKの関連団体・NHKサービスセンターで、派遣従業員として勤務していた女性について、名目は専門業務派遣だったにもかかわらず、実際は庶務的な一般の職務に就かされていたとして、東京労働局が同サービスセンターに対し「偽装派遣である」として指導を行い、同センターが直接雇用に切り替えていたことが判明した。[12]

■ 2011年

  • 10月17日、情報番組「あさイチ」内で、東日本大震災による福島第一原子力発電所事故の影響で発生した放射性物質に関して、食事に含まれるセシウムの放射線量について、誤った数値を放送していた。[13]

■ 2012年

  • 2月16日、松山放送局が放送した『おはようえひめ』で、実際には発生していない事件の速報テロップが約2秒間流れた。職員の操作ミスによって、放送試験用の字幕が誤って流れたとされている[14]。また、この事故の原因調査の過程で、同局の原稿閲覧システムを、アクセス権限のないアルバイトが日常的に操作してきた疑いが出ている。[15]

NHK広報局が昨夜のエイプリルフールジョークについて「一部の方に非常に不快な思いをさせてしまいました」と謝罪し、ツイートを削除したことをTwitterにて報告している。(ツイログにはまだ残してあるという)

  • 4月1日

 エイプリルフールまとめ記事でも紹介していたが、削除されたつぶやきは以下のようなものだった。

“【お知らせ】本日、NHKと全ての民放が合併して国営放送になりました。今後は日本放送会社木履連盟(NHKPR)として、着物を着たアナウンサーが青い背景の前で、やや絶叫気味にニュースをお伝えする予定です。今後ともNHKPRの活動にご理解をよろしくお願いいたします。 #エイプリルフール”

 「不快にさせた」というのはおそらく、中ごろにある「着物を着たアナウンサーが青い背景の前で、やや絶叫気味にニュースをお伝えする」という部分が、北朝鮮のニュース番組を連想させるためだろう。実際に苦情などが寄せられたかどうかについては不明だが、その後のツイートで「タイムラインを拝見していて、不快に思われていらっしゃる方がいたようですので、削除いたしました。」とフォロワーには説明している。

  • 4月23日

 NHKによると、番組は「晴れ、ときどきファーム!」で、3月4日に放送された。同26日の再放送後に視聴者から数件問い合わせがあったため、同署に届け出たという。撮影は2月6日に行われ、女性グループ「MAX」の3人が軽乗用車の運転席と後部座席に乗った。東京都内から千葉県内のロケ地へ向かう車内の様子を、助手席から撮影。運転席と助手席のヘッドレストが邪魔になると番組ディレクターが判断し、外して走行したという。

 ヘッドレストは頭部を保護するために装着が義務づけられている。NHKは「法に触れることに気づかず放送した責任を重く受けとめる」とコメントした。


■ 脚注
  1. ^ 滝本弁護士サイト
  2. ^ 第160回国会 総務委員会 第3号
  3. ^ 報道発表。
  4. ^ NHK関連団体の剰余金886億円、検査院が改善求める 読売新聞、2007年9月12日
  5. ^ 「自動車購入農家、実は買ってなかった」NHK謝罪 3年前のインド特集で 産経新聞 2010年5月29日
  6. ^ NHKに40万円支払い命じる…写真無断使用で 読売新聞 2010年11月10日
  7. ^ NHK広報局 「職員の株取引を巡る証券取引等監視委員会の調査について」日本放送協会、2008年1月17日。
  8. ^ 「 取材先の企業、事前にNHK側に警告」TBS 2008年1月18日。
  9. ^ 「NHK経営委員経営の会社が所得隠し・東京国税局指摘」日経ネット 2008年1月30日。
  10. ^ 「 NHKが音源無断使用「ラジオ名人寄席」を打ち切り」産経新聞 2008年3月28日。
  11. ^ NHK番組撮影中、電車止める 線路から2.5メートルに三脚 産経新聞2009年3月7日
  12. ^ 偽装専門職:NHK関連法人に派遣、労働局指導受け直接雇用 毎日新聞 2010年7月3日
  13. ^ NHK:情報番組でも謝罪…セシウム測定ミス 毎日新聞 2011年11月25日
  14. ^ NHK:松山放送局、字幕で誤報 毎日新聞 2012年2月16日
  15. ^ NHK:権限のないバイト、原稿端末を操作…松山放送局 毎日新聞 2012年2月25日
■ 関連項目

■ 日本放送協会

■ カテゴリ
トップへ
トップへ
戻る
戻る
 
 
沖縄決戦 BATTLE OF OKINAWA 1945 
  •  Size: 8.52 min.
  •  Raiting: 4.5757575
  •  Vives: 136557
  • Category: News
  • Keywords:  
 沖縄戦(おきなわせん)とは、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)、沖縄諸島に上陸した米軍と日本軍との間で行われた戦いである。
アメリカ軍の作戦名はアイスバーグ作戦(英: Operation Iceberg、氷山作戦)。第二次世界大戦における日本国内での最大規模の陸戦であり、また日米最後の大規模戦闘となった。
国内唯一の地上戦と言われる事があるが、当時日本領だった南洋諸島で行われたサイパンの戦い、硫黄島の戦い、占守島の戦い、南樺太での戦闘等があるという捉え方からは誤りである[1]。

ただ現在の日本の領土内では唯一の地上戦である。また沖縄戦は他地域の地上戦に比べ、民間人が多く参加、あるいは巻き込まれた。沖縄戦は1945年3月26日から始まり、組織的な戦闘は6月23日に終るはずが3日早く6月20日に終了した。米軍の作戦目的は本土攻略のための航空基地・補給基地の確保であり、日本軍のそれは当時想定されていた本土決戦[2]への流れの中に位置づけられる[3]。

主要な戦闘は沖縄本島で行われた。日本軍は水際迎撃を避けて、持久戦闘を基本方針として戦った。特に首里(現那覇市の一部)北方で激戦となった。沖縄諸島周辺の海上でも、神風特攻隊を中心とした日本軍航空部隊や戦艦「大和」などと、連合軍艦隊の間で戦闘が行われた。

上陸後2ヶ月経った1945年5月末に、連合軍が首里を占領した。日本軍は南部に後退したが、6月下旬までに組織的戦力を失った。掃討戦は終戦まで続き、不発弾処理は2010年現在も継続中である。使用された銃弾の数は、アメリカ軍側だけで2,716,691発。このほか、砲弾6万18発と手榴弾392,304発、ロケット弾20,359発、機関銃弾3,000万発弱が発射された[4]。

また、地形が変わるほどの激しい艦砲射撃が行われたため、この戦闘を沖縄県では鉄の雨や鉄の暴風(英:Typhoon of Steel)などと呼ぶ。[5]沖縄戦での全戦没者は20~24万人とされる。沖縄県生活福祉部援護課の1976年3月発表によると、日本側の死者・行方不明者は18万8136人で、沖縄県出身者が12万2228人、そのうち9万4000人が民間人である。

ただし、沖縄県出身者の死者15万人以上という一部研究者による推計値もある。日本側の負傷者数は不明。アメリカ軍側の死者・行方不明者は1万2520人で、負傷者7万2千人であった。

沖縄戦
Filme Tumulo dos Vagalumes 火垂るの墓 (live-action)
火垂るの墓 Part 1/2 火垂るの墓 Part 2/2
火垂るの墓
 ホームへ マスコミ煽動と虚報
〈東日本大震災追悼式〉 天皇陛下のおことば全文 
Access Counter
 
 
LastUpdate 2015/08/08
 
Profile
北大工学部・情報工学科 計算機室にて
 
嘘つきの世界
 
日本の頭脳 世界も驚く名言集

 
お金持ちの 未来のために
 
耐震偽装事件

耐震偽装隠蔽事件 「巨悪は政治家と官僚、 記者クラブ」
 
原子力村 癒着の相関図
原子力村 癒着の相関図 放射線被ばくの早見図
忘れるな! あのスキャンダル 国会議員たち 
 
 
LINK

自動制御の話

アルバム

石川栄一作品展

壁紙工芸館


 
著書・論文集

 インテリジェント
パッド館


制御系CAI
Windows

制御系CAI
Macintosh


メール

大手ゼネコン大儲け 北海道新幹線着工へ
泣いて生まれて きたけれど
 泣いて生まれてきたけれど-3.11以前の生活を続けていれば命に関わる危機が迫っている
コメントより
 突然死が増えているのも当然。心臓には体内平均の10倍濃縮。ほんの数ベクレルでも毎日食べると危険!
@teatree_ft
「心不全パンデミック」。学会の挨拶で明らかにこの言葉が使われている。
第16回日本心不全学会学術集会
「心不全の増加はこれまで報告がありません。
今回の東日本大震災で心不全が増加した原因を明らかにすることは・・・」


@ma_chako
「神奈川県に住む知り合いが亡くなった。しかし葬儀が10日後だと言うので不思議に思って聞いたら、火葬場が混んでいて、ダビに出来ない」と言う。
死因は心筋梗塞による突然死。先週も神奈川県の友人が突然死した。
葬儀社に問い合わせたら今は死者が多く火葬場が混んでいて、一週間以上待たされるという。
2012年1月17日


このツイートの一年後 

1月28日:追記
@369yume
元気で無病だった友人が今月3日、心筋梗塞で突然他界…涙)
告別式は上野寛永寺でなんと21日に。異常事態です。2013年1月28日


@nosaibaninko
福島の人から「郡山の親族が急死。火葬場が2週間待ち。
白血病が多くなってきている。福島に通って女性のケアしていた鎌倉の女性が白内障に。
関東でも10倍患者が増えていると言われた。
甲状腺検査で蜂の巣状も出ている」との話。
2013年1月28日


@KOSHI_HIKARI_
宮城から避難して来た友達が年明け早々「正月どころじゃなかった」と。
44歳のイトコが突然死。
「葬式どうするか」と言ってる間に、今度はその父親が突然死。
死因は二人とも心筋梗塞。
「死ぬ直前まで元気で出かけて行った」と奥さん放心状態。
過労死とか歳だからで片付けられるんだろう。千葉県在住。


@Cisibasi
現在、某医療機関に潜入取材中ですが、入院患者が多数、心筋梗塞を誘うような症状で、入院症状とは明らかに違うセシウム摂取によると思われる、急性の心不全で、集中治療室に、カテーテル手術を受けています。あまりに多いため、看護師シフトや医者の診察シフトにも影響が出ている。
2013年1月26日


@kissmeyummy
今日、高崎市内の短大助教授54才男性、学校を無断欠席。
学校から職員が高崎市内のご自宅へ様子を見に行くと自宅の部屋で亡くなってらしたそうです。心筋梗塞らしいとのこと。
普段から外食が多かったそうです。
2012年12月18日


@susanou666
8月初旬、知人が心筋梗塞で突然死。 享年33歳。
過去に病歴なし、前日までピンピンしていた‥
「心臓が痛くなる」 「病院に行って心電図をとってもらうが異常がでない」 「息が切れる。パタンと倒れる。老若にかかわらず突然死」


@karitoshi2011
私の元生徒を返せ!生き返るらせて見せろ!心筋梗塞だと!
まだ19だぞ!因果関係の証明なんてできないさ!
だけど、死ぬには早過ぎるとは思わないか?おかしいとは思わないか?


@Usacousausa
先日、魚沼市の高校の山岳部の生徒が心筋梗塞で亡くなっていたことを聞いた。
そして昨日、十日町市の30代の男性も同じく心筋梗塞で亡くなったことを聞いた。
一般的に高校生や30代で心筋梗塞で亡くなるということは、滅多に起こることではない。
新潟県でも確実にこれまでと違うということ。


@kucyan
ベラルーシ死亡率で最も高い(50%以上)のは癌ではなく、心臓血管系の病気とりわけ子供の場合はセシウムの量がわずかであっても、心臓のリズムを壊し30ベクレル以上になると心筋に影響を及ぼし代謝機能を破壊、50ベクレルでは突然死の危険性がある。
バンダジェフスキー


@DaiNatsuMi
そういえば3月の出来事…息子のスイミングが一緒の子のママさんが、「茨城にいる義姉が今日朝起きてこないと思ったら心臓止まってたらしくて、あと少し発見が遅れたら死んでいた」と言っていた。


@blackmarmite
今の職場に長く勤めてきたが、ここにきて希望退職と突然死が、過去最大を記録したのはどう考えても偶然ではないだろう。
2013年01月24日


@kucyan
汚染地で起こる突然死について【何故ならセシウムが、心臓の筋肉に蓄積され、心筋を破壊するからです。そして確実に、ある程度の心筋が失われ、心臓が機能しなくなる。そして心臓発作で亡くなるのです。】 
クリス・バズビー教授

以上、「泣いて生まれてきたけれど」コメントより
コメントより